エイジリンクルクリームと美容液Cセラムでエラスチンを増やす

「どんな肌だと老けて見えるのだろう?」

何人ものアラフォー女性を見て思ったのですが、笑いジワや二重あごよりも、お肌がたるんでいるのが一番老けて見える気がします。顔の皮膚がたわんだような、アイロンをかける前のハンカチのような、ボコボコした状態のお肌です。

今年、40歳を迎える私も、たわみが顕著になってきました。明らかにダラーンとたるむのではなく、まさに今、崩れつつある感じですね。

「ああ、これがエラスチンの減少ということなんだ」と、妙に納得していますw

ラスチンとは、真皮の柱とも言えるタンパク質のこと。コラーゲンやヒアルロン酸が肌をふっくらさせたとしても、エラスチンがなければ肌のハリ・弾力は保たれません。

ビーグレンのエイジリンクルクリームの美容成分ペプチドは、このエラスチンの生成を促進する効果があるんですよ。

ちなみに、エラスチンは紫外線で変質しますが、その変質エラスチンのカスは排出されにくく、真皮で凝縮されてシワの原因になるそうです。紫外線に当たったら、取り返しがつかないということですね。しっかり紫外線対策しましょう!

エラスチンを直接変質させる活性酸素を退治するには、抗酸化作用抜群のビタミンCです。エイジリンクルクリームでエラスチンの生成促進をすると同時に、美容液Cセラムでエラスチンの減少を防ぎましょう。

 

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 未分類   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :