最新記事


ビーグレンの「肌のエイジング判定」を試してみました。あなたにぴったりの秋のケアは?

急に秋めいてきましたね。「スキンケアを切り替えなきゃ」と感じている人が多いころだと思います。

ただ今、ビーグレンの公式ページでは、スキンケアコンサルタントによる「肌のエイジング判定」を実施中です。夏の不摂生が肌の老化を早めていないか、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

私は、

クーラーがきいた室内で過ごすことが多かった
アルコールの摂取量が多かった
夜はシャワーで済ますことが多かった

にチェックが入り、「体の中からもエイジングが進行している」という恐ろしい結果に!!

フェイスマッサージクリームと、美容液Cセラムをでのパックをおすすめされました。マッサージでお疲れ顔の原因になる老廃物を排出し、ビタミンCをダイレクトに補って、肌を直接敵に老化させる活性酸素をやっつけ肌の再生を助けようということなんですね!

マッサージの方法は、ビーグレンの公式ページに詳しく載っていました。(この方法は、私がたまに行く小顔エステの血流マッサージとほぼ同じ! 本格的なやり方なんですね。だから、きちんとやれば顔のゆがみがとれ、シャープなフェイスラインになれると思いますよ。)

フェイスマッサージクリームにはトライアルサイズがありません。現品を購入して使ってみてから、不満があれば365日間返品・返金保証を利用しましょう。

美容液Cセラムはエイジングケアセットでお試しできますよ。容量は7mlですが、Cセラムパックが2~3回はできると思います。

トライアルセットも、もちろん365日間返品・返金保証の対象になります。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

夏こそ保湿で小じわ対策! エイジリンクルクリームとモイスチャライジングゲルの使い分けがオススメ

冬はカサカサした乾燥小じわが気になっていましたが、

保湿を徹底して、夏になったら気にならなくなりました。口角を持ち上げても以前ほど小じわが出ません。

冬もこの状態が続きますように!」そんな気持ちで毎日ビーグレンでケアしています。

夏は冬より湿度が高いので肌の水分が逃げにくく、乾燥小じわになりにくいのかもしれませんね。でも、油断は禁物です。エアコンのきいたオフィスは想像以上に乾燥しています。それに、夏の紫外線は私たちの肌を干物みたいに乾かしてしまうのです。だから、夏も保湿ケアがマストなんですよ。

保湿クリームのベタつく感触が苦手なら、「朝はモイスチャライジングゲル、夜はエイジリンクルクリーム」という使い分けをすると良いそうです。

今、ビーグレンのエイジングケアトライアルセットは、モイスチャライジングゲルが期間限定プレゼント中なので、1,890円で使い分け体験ができますよ。

 

ちなみに、私は6月の大セールでプレゼントしてもらったハイドレーションアクアを朝の保湿に使っています。

ゲルでもない、クリームでもない、肌にのせるとスルっと溶けてローションになるような感じで、モイスチャライジングゲルより軽い付け心地です。ニキビや毛穴の詰まりが気になる私には、ピッタリの保湿アイテムなんです。

でも、残念ながら、このハイドレーションアクアは限定プレゼントなので、購入できません。セールの時は毎回、秀逸なプレゼントがもらえるので次回12月のセールの告知をお見逃しなく!!

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

エイジリンクルクリームと美容液Cセラムでエラスチンを増やす

「どんな肌だと老けて見えるのだろう?」

何人ものアラフォー女性を見て思ったのですが、笑いジワや二重あごよりも、お肌がたるんでいるのが一番老けて見える気がします。顔の皮膚がたわんだような、アイロンをかける前のハンカチのような、ボコボコした状態のお肌です。

今年、40歳を迎える私も、たわみが顕著になってきました。明らかにダラーンとたるむのではなく、まさに今、崩れつつある感じですね。

「ああ、これがエラスチンの減少ということなんだ」と、妙に納得していますw

ラスチンとは、真皮の柱とも言えるタンパク質のこと。コラーゲンやヒアルロン酸が肌をふっくらさせたとしても、エラスチンがなければ肌のハリ・弾力は保たれません。

ビーグレンのエイジリンクルクリームの美容成分ペプチドは、このエラスチンの生成を促進する効果があるんですよ。

ちなみに、エラスチンは紫外線で変質しますが、その変質エラスチンのカスは排出されにくく、真皮で凝縮されてシワの原因になるそうです。紫外線に当たったら、取り返しがつかないということですね。しっかり紫外線対策しましょう!

エラスチンを直接変質させる活性酸素を退治するには、抗酸化作用抜群のビタミンCです。エイジリンクルクリームでエラスチンの生成促進をすると同時に、美容液Cセラムでエラスチンの減少を防ぎましょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ
2 / 1812345...10...最後 »