最新記事


ビーグレンのアウトレットセールで得しよう!

2013年4月17日から3日間限定でアウトレットセールがありました。

ビーグレンのアウトレットセールは、

●アウトレット商品でもメーカー保証付き
●15~最大50%OFF
●不定期で、何が出品されるかわからない
●早い者勝ち

なんです。

いつもアウトレットセールに気づくのが遅れ、買い逃してしまうのですが、今回は、ビーグレンから事前に告知メールマガジンが届いたので助かりました。アウトレット情報を逃さないためには、メールマガジンを購読しておかなきゃダメですよ!

今回は、ニキビケアシリーズがリニューアルされたのに伴い、旧型のクレイ・クレンジングクリームと、クレイローションが20%OFF!! 半期に一度のセールまで待てば、30%OFFで買える可能性もあるのですが、クレイ・クレンジングクリームが6月までもたない感じだったので買っておきました。

クレイ・クレンジングクリームは、きちんと汚れが落ちるのに、しっとりしたお肌になるので、お気に入り。アンチエイジングには、潤いを残してくれる洗顔料がマストですから。私は、お風呂と洗面台の2か所において置いています。

新クレイ・クレンジングクリームは、ニキビの炎症化を抑える「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されています。つまり、ニキビができない肌なら、旧型のクレイ・クレンジングをアウトレットセールで購入しても、なんら問題ないってことなんですよね。

現在、ビーグレンの『シワ・アンチエイジング トライアルセット』には、新型のクレイウォッシュがプレゼントされてます。アンチエイジング効果のある美容成分も大事ですが、有効成分が浸透しやすい肌に整えるには洗顔も重要。ぜひ、クレイウォッシュの洗い上がりの違いを実感してみてくださいね。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ローション10-YBの美容成分EGFが医薬品指定に!?

ローション10-YBに美容成分EGF(ヒトオリゴペプチド -1)が配合されなくなりました!これは、大ニュースです。

EGFは上皮細胞細胞因子と言われ、早い話が、お肌の細胞がどんどん作られるよう指令を出してくれる成分です。私も、目の下にできた角質粒(イボ)が自然にポロっと取れたのは、この成分のおかげだと喜んでいたのです。


ボコっとしていた大きい角質粒が


ある日、カザブタのようにはがれました

こんなうれしい成分が配合されなくなるなんて……ショックです。

配合されなくなる理由は、医薬品指定成分に分類され化粧品には配合ができなくなる可能性があるからだそうです。医薬品指定成分に分類されるということは、確かな効果があるということですよね? それだけに、配合されなくなるのは本当に残念です。

「じゃあ、もうローション10-YBを使う意味はないの?」

いえいえ、そんなことはありません。ヒトオリゴペプチドにはいろいろ種類がりまして、これからもヒトオリゴペプチド-13(FGF)が配合されます。FGFは線維芽細胞増殖因子 と言って、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をもっと作るよう指令を出す成分です(公式ページでは保湿成分と書かれていますが)。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

あなたのシワ改善にはエイジリンクルクリーム? フェイスマッサージクリーム?

半期に一度のビーグレン大セールで、お得なアンチエイジングセットに入っていたフェイスマッサージクリーム。加齢による顔ヤセが悩みの私には向かないと思ってしまいこんでいたのですが、1ヶ月ほど試したところ、これがなかなか良いんですよ。

「そうそう! 私の顔って、昔はこんな印象だったのよっ!!」

鏡を見てびっくりしました。マッサージを続けていないとダメですけどね。


疲れたオバ顔が……


もっちり、ツヤっとなります。不思議~。

エイジリンクルクリームとフェイスマッサージクリームの成分表を比較すると、同じシワ対策成分が入っているんです。アルジルリンやマトリキシル3000です。

価格を比較すると、

エイジリンクルクリーム 30g 10,500円
フェイスマッサージクリーム 50g 7,800円

と、かなり差があります。ここで、ふと考えました。

「成分が同じで価格が安いなら、フェイスマッサージクリームのほうがお得?」
「アルジルリンとマトリキシル3000が入っているのにフェイスマッサージクリームのほうが安いのは濃度が薄いから?」

この疑問をフリーダイヤルで問い合わせてみました!

「エイジリンクルクリームはアンチエイジングケア製品、フェイスマッサージクリームはスリミングケア製品です。エイジリンクルクリームは内側からふっくらさせてシワを改善し、フェイスマッサージクリームは余分な脂肪を落とすことでたるみがなくなり、シワが改善されます」

回答を要約すると、こんな感じです。

なるほど、エイジリンクルクリームには保水効果で肌をふっくらさせるヒアルロン酸や、コラーゲン生成を促進するビタミンC、細胞の若々しさを保つコエンザイムQ10(ユビキノン)が入っています。もちろん、ビタミンCにはビーグレン独自の浸透テクノロジーが応用されています。

一方、フェイスマッサージクリームには脂肪を分解するカフェインやレシチンが配合され、ビタミンCは浸透テクノロジーを使わないビタミンC誘導体です。このあたりに価格差の原因がありそうですね。

一番ぜいたくにケアするなら、フェイスマッサージクリームで無駄な脂肪を落とし、エイジリンクルクリームで肌のハリを取り戻すという対策が良いのかもしれませんね。

フェイスマッサージクリームと言えば、二重あご、マリオネットラインetcのたるみ改善で有名ですが、エイジリンクルクリームで効果の見られなかった方は一度試してみるといいかもしれません。そのときは、365日返金保証を利用してくださいね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ