最新記事


ビーグレンのエイジングケアで顔はまだまだ若返る! どのくらい効果があるか画像でご覧ください。

加齢とともに顔の肉が重力に引っ張られ、鏡を見て「あー、もう何をしても無理だわ」って、あきらめたくなる時、ありますよね。でも、ビーグレンのエイジングケアがあれば、まだまだ諦めなくてもいいんです!!

ビーグレンで1年半、エイジングケアした私の右半顔です。

(トライアル時⇒⇒⇒⇒⇒⇒現在)

ケア次第で、人間の顔はこんなに変わります!! ビーグレンと出会う前は、どんな高級化粧水もしみこまない、ザラザラした硬い肌でした。今はビーグレンのおかげでモチモチです。化粧のりが良くなるから、若く見える分もあろうかと思います。

ビーグレンのエイジングケアは、

★ローション10-YBが肌の保水力を高める
★美容液Cセラムがコラーゲンの生成促進をしてハリアップ
★エイジリンクルクリームが細かい表情ジワを改善

の、3本柱。肌の活力を取り戻し、内側から膨らんでいくイメージでしょうか。

ビーグレンのエイジングケアと並行して、オススメしたいのが、顔のマッサージです。最近、小顔マッサージサロンで施術を受け、一瞬で顔がすっきりした手技の一部を、こっそりご紹介しますね。エイジリンクルクリームなど、保湿ケアの後に、お試しください。左右、半分づつおこないます。

①眉間に老廃物がたまっているので、ぎゅーっと強く抑えながら、下方向へ流す

②そのまま小鼻の横へ流し、ほうれい線に指を合わせ、グッと押さえます

③頬の上を滑らせるように、耳にむかって流します

フェイスマッサージクリームでマッサージすれば、引き締め効果がアップします。カフェインの効果で脂肪が分解されるので、脂肪によるたるみが気になる方にオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ビーグレンのアウトレットセールで得しよう!

2013年4月17日から3日間限定でアウトレットセールがありました。

ビーグレンのアウトレットセールは、

●アウトレット商品でもメーカー保証付き
●15~最大50%OFF
●不定期で、何が出品されるかわからない
●早い者勝ち

なんです。

いつもアウトレットセールに気づくのが遅れ、買い逃してしまうのですが、今回は、ビーグレンから事前に告知メールマガジンが届いたので助かりました。アウトレット情報を逃さないためには、メールマガジンを購読しておかなきゃダメですよ!

今回は、ニキビケアシリーズがリニューアルされたのに伴い、旧型のクレイ・クレンジングクリームと、クレイローションが20%OFF!! 半期に一度のセールまで待てば、30%OFFで買える可能性もあるのですが、クレイ・クレンジングクリームが6月までもたない感じだったので買っておきました。

クレイ・クレンジングクリームは、きちんと汚れが落ちるのに、しっとりしたお肌になるので、お気に入り。アンチエイジングには、潤いを残してくれる洗顔料がマストですから。私は、お風呂と洗面台の2か所において置いています。

新クレイ・クレンジングクリームは、ニキビの炎症化を抑える「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されています。つまり、ニキビができない肌なら、旧型のクレイ・クレンジングをアウトレットセールで購入しても、なんら問題ないってことなんですよね。

現在、ビーグレンの『シワ・アンチエイジング トライアルセット』には、新型のクレイウォッシュがプレゼントされてます。アンチエイジング効果のある美容成分も大事ですが、有効成分が浸透しやすい肌に整えるには洗顔も重要。ぜひ、クレイウォッシュの洗い上がりの違いを実感してみてくださいね。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ローション10-YBの美容成分EGFが医薬品指定に!?

ローション10-YBに美容成分EGF(ヒトオリゴペプチド -1)が配合されなくなりました!これは、大ニュースです。

EGFは上皮細胞細胞因子と言われ、早い話が、お肌の細胞がどんどん作られるよう指令を出してくれる成分です。私も、目の下にできた角質粒(イボ)が自然にポロっと取れたのは、この成分のおかげだと喜んでいたのです。


ボコっとしていた大きい角質粒が


ある日、カザブタのようにはがれました

こんなうれしい成分が配合されなくなるなんて……ショックです。

配合されなくなる理由は、医薬品指定成分に分類され化粧品には配合ができなくなる可能性があるからだそうです。医薬品指定成分に分類されるということは、確かな効果があるということですよね? それだけに、配合されなくなるのは本当に残念です。

「じゃあ、もうローション10-YBを使う意味はないの?」

いえいえ、そんなことはありません。ヒトオリゴペプチドにはいろいろ種類がりまして、これからもヒトオリゴペプチド-13(FGF)が配合されます。FGFは線維芽細胞増殖因子 と言って、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸をもっと作るよう指令を出す成分です(公式ページでは保湿成分と書かれていますが)。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ